楽天経済圏を使って賢く節約!始め方やメリットを解説します

お金の知識

こんにちは、不凍港です。

自由をつかむために日々勉強中です。

 

みなさんはAmazonか楽天のどちらを利用しますか?

私は元々Amazon派でしたが、楽天経済圏の存在を知ってから楽天派になりました。

 

年金2000万円問題や消費税増税により、これからは投資や節約などの「お金の知識」を増やしていくとが重要になります。

今回紹介する楽天経済圏を活用することで誰でも賢く節約することができるので、是非最後まで目を通してみてください!




楽天経済圏

楽天経済圏とは?

楽天経済圏とは、楽天のサービスを利用して楽天ポイントを貯めることです。

 

楽天のサービスを利用することでSPUが(スーパーポイントアッププログラム)が上昇し、楽天市場で購入時に貰えるポイントが最大16倍になります。

 

SPU対象の楽天サービスは以下の通りです。

サービス 倍率 達成条件
楽天会員 +1
楽天カード +2 楽天カード(種類問わず)を利用して楽天市場でお買い物
楽天プレミアムカード or 楽天ゴールドカード +2 楽天カード(プレミアム・ゴールド)を利用して楽天市場でお買い物
楽天銀行+楽天カード +1 楽天銀行の口座から楽天カードご利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード +1 「楽天の保険」の保険料を楽天カードでお支払い

(ポイントアップ対象はお支払い月の翌月の楽天市場のお買い物)

楽天でんき +0.5 ご加入&ご利用
楽天証券 +1 月1回500円以上のポイント投資(投資信託)

(楽天スーパーポイントコースへの設定・再設定が必要)

楽天モバイル +2 対象サービスの月額基本料をお支払い
楽天トラベル +1 対象サービスを月1回5,000円以上ご予約し、対象期間のご利用

(クーポン割引後の税込金額)

楽天市場アプリ +0.5 楽天市場アプリでのお買い物
楽天ブックス +0.5 月1回1注文1,000円以上お買い物

(クーポン割引後の税込金額)

楽天Kobo +0.5 電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物

(クーポン割引後の税込金額)

楽天Pasha +0.5 トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得
Rakuten Fashion +0.5 月1回以上お買い物
楽天TV or NBA Rakuten +1 NBA Rakutenもしくは楽天TV「Rakuten パ・リーグ Special」ご加入・契約更新
楽天ビューティ +1 月1回3,000円以上ご利用
楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日 +3(最大)
お買い物マラソン楽天スーパーSALE +28(最大)
5の倍数の日に楽天カード決済 +2

より詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

例えば、楽天ゴールドカード、楽天銀行を使って、楽天市場のアプリで楽天ブックスを通して2000円の本を買った場合、ポイント還元率が7%となり140ポイントが還元されます。

つまり、楽天のサービスを使えば使うほど楽天市場でお買い物をした時の貰えるポイントがアップします。

 

しかし、様々なサービスがあるので、どのサービスから利用するか迷うとかと思います。

そのため、私が達成しやすいと思う条件を紹介します。

①楽天会員に登録する

まずは楽天会員に登録しましょう。

登録にはメールアドレスが必要になります。

楽天市場

楽天市場 <<<こちらから登録ができます。

楽天会員になる:+1%

②楽天カードを申し込む

次に、楽天カードに申し込みましょう。

 

楽天カードは、100円につき1ポイントが貯まります。

街でのお買い物でも100円につき1ポイントが貯まるので、普段から楽天カードで支払えばザクザクとポイントが蓄積されます。

年会費も無料で、かなりスペックが高いカードだと思います。

 

また、楽天ゴールドカードもおすすめです。

年会費が2,200円かかりますが、SPUが2倍上がることやETCの年会費が無料なるなどの特典があります。

年間11万円以上楽天市場でお買い物をすれば、年会費分の元を取ることができるので、たくさん楽天市場でお買い物をする方はこちらのゴールドカードを申し込みましょう。

 

楽天カードを申し込む

 

注意点として、リボ払いを設定するのは絶対にやめましょう。

万が一の場合、借金地獄に陥る可能性があります。

関連記事>>>リボ払いはやばい?メリットとデメリットや返済方法をわかりやすく解説します【危険】

 

楽天カードで楽天市場でお買い物:+2%
楽天ゴールドカードで楽天市場でお買い物:+4%

③楽天銀行を開設する

楽天カードを発行した後は、楽天銀行も開設しておきましょう。

楽天銀行は様々なメリットがあります。

 

コンビニのATMが24時間365日利用可能
最大月7回まで、ATMの手数料が0円
最大月3回まで、他行宛振込手数料0円
楽天ポイントが貯まる
スマホで残高照会や振込等のサービス利用可
高金利(0.1%)

メガバンクの金利が0.001%なので、楽天銀行の金利(0.1%)は破格だと思います。

 

口座を開設したら、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定しておきましょう。

引き落とし口座に設定することで、楽天銀行でお買い物をするとポイント還元が+1%になります。

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座に設定:+1%

④楽天でんきに切り替える

次に、楽天でんきに切り替えましょう。

楽天でんきは様々なメリットがあります。

基本料金が無料
電気料金が200円ごとに1ポイント獲得
楽天カードで支払うと、100円ごとに1ポイント獲得
電気料金の支払いに楽天ポイントが使える

電話いらずで、Webから簡単に申し込むことができます。

ポイントもザクザク貯まるので、固定費を削減したい方は申し込んでおきましょう。

楽天でんきに切り替える:+0.5%

⑤楽天モバイルに変更する

ギガをあまり使わない方は格安SIMの楽天モバイルに変更しましょう。

スマホ代に月額9000円使っている方なら、楽天モバイルに切り替えると月に約6000円、年間で約72000円ほど節約することができます。

 

楽天モバイルのメリットは以下の通りです。

初めの1年は月額1480円
解約金0円
10分以内の国内通話かけ放題
低速モードでも動画閲覧ができる
楽天ポイントをスマホ代の支払いに利用できる

 

楽天ポイントをスマホ代に利用できるので、楽天のサービスをうまく利用することができればスマホ代をすべて楽天ポイントでまかなうこともできます!

 

スマホ代を見直すことで簡単に節約することができるので、固定費を削減したい方はすぐに申し込んでおきましょう!



楽天モバイルを申し込む
楽天モバイルを契約する:+2%

⑥楽天証券で投資信託を積み立てる

楽天証券で投資信託を積み立てましょう。

 

楽天証券で投資信託を購入する際に、楽天カードで支払えば100円につき1ポイント獲得できるのでおすすめです。

私は楽天証券で新興国の投資信託を毎月10,000円積み立てています。
関連記事>>>【9ヶ月実績】eMAXIS Slim新興国株式インデックスの利回り公開【評判】

楽天証券で月1回500円以上の投資信託を購入する:+1%

⑦楽天ブックス、楽天Koboを利用する

毎月本を購入する方は楽天ブックス、電子書籍を購入する方は楽天Koboを利用しましょう。

楽天ブックスでは本だけでなく、ゲームやDVDも購入することができます。

 

楽天ブックスを利用する

 

楽天Koboを利用する
楽天ブックスで月1回1注文1,000円以上お買い物をする:+0.5%
楽天Koboで電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物:+0.5%

⑧楽天ビューティを利用する

楽天ビューティは美容院を予約し、利用することができるサービスです。

男性でも利用できる店舗が多いことが特徴です。

 

利用するごとに楽天ポイントが貯まるだけでなく、定期的に割引クーポンやポイント還元のキャンペーンも行われています。

貯まっている楽天ポイントも利用することができるので、今後美容院を利用する際には楽天ビューティから予約してみましょう。

楽天ビューティで予約をする
楽天ビューティを月1回3000円以上利用する:+1%

⑨楽天市場アプリを利用する

スマホアプリの「楽天市場アプリ」から購入することで、SPUが+0.5%されます。

意外と忘れがちなので楽天市場を利用する際はアプリを通して購入しましょう。

楽天市場アプリでお買い物をする:+0.5%

⑩キャンペーン時に楽天市場でお買い物をする

楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日:+3%(最大)
お買い物マラソン楽天スーパーSALE:+28%(最大)
5の倍数の日に楽天カード決済:+2%

これらのキャンペーンを狙って楽天市場を利用すると、さらにポイント獲得できます。




まとめ

楽天経済圏に移行して、賢く節約しよう!

 

楽天経済圏に移行するだけで年間の出費を簡単に抑えることができ、手間もほとんどかからないのでみなさんも是非利用してみて下さい。

また、貯まったポイントは有効期限がある場合も多いので、失効する前に楽天モバイルや楽天でんきに利用しましょう。

 

Twitterの方もやっていますので、よければフォローをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました