不登校、引きこもりの方におすすめの3つのサプリメント

不登校

「不登校になってから体調が優れないけど、どうしたらいいのだろう?」

 

 

 

こんにちは、不凍港です。

自由をつかむために日々勉強中です。

 

私自身も不登校・引きこもり歴が5年あり、その間は運動もロクにしていなかったので体調が優れませんでした。

ちょうど大学受験を決意した5年目の頃に少しずつ運動を始め、同時にサプリメントを飲み、社会復帰を目指しました。

その結果体調がよくなり、大学受験にも熱が入り大学に合格することができました。

 

勿論、「サプリメントさえ飲めば社会復帰ができる」とは言いませんが、体と心が元気になる助けをサプリメントはしてくれると考えています。

今回は、私が不登校・引きこもり時代に飲んだおすすめのサプリメント3つを紹介します。

 

また、効果に個人差があることや体調不良になる場合もあるので、体に合わないと感じたらすぐに服用をやめてください。




不登校、引きこもりの方におすすめの3つのサプリメント

ミヤリサン

厳密にいうとサプリメントではなく整腸剤ですが、とてもおすすめの商品です。

強ミヤリサン(錠)は,整腸生菌成分の1つであり,生物でもっとも耐久性があると言われている芽胞を形成する酪酸菌(宮入菌)を主成分とした整腸薬です。
この酪酸菌(宮入菌)が腸内有益菌の働きを高め,有害菌の働きを抑えることにより,整腸作用を示します。
強ミヤリサン

 

私は不登校になった後、過敏性腸症候群を患ったり、アトピーが悪化したので、この2つの病気に効果があるということで飲み始めました。

アトピーの改善はそこまで感じませんでしたが、過敏性腸症候群には間違いなく効き、現在は電車で急にお腹が痛くなるといった症状は一切なくなりました。

 

また、私はミヤリサンを現在も毎日服用しています。

なぜかというと、腸は「第二の脳」と言われているからです。

腸は”第二の脳”

腸には脳の次ぐ多くの神経細胞が存在し、感情に深く関わっているため、「第二の脳」と言われている。
また、脳との関係も密接。
腸の不調は脳に反映され、脳に受けたストレスは腸に反映される。
このネットワークを「腸脳相関」という。
体の中から健康に! 腸内環境を整える

このように、腸は神経を通して脳に情報を送っているようです。

また、ストレスやイライラ感を解消してくれる「セロトニン」の90%は腸内で作られると言われています。

ビタミンD

ずっと引きこもっていて日光に全く当たらなかったので、「日光に当たることで体内に生成されるビタミンD」を服用していました。

ビタミンDは、いくつかの食品に含まれ、強い骨を維持するためや健康のために必要な栄養素です。ビタミンDは、身体が食料品やサプリメントからカルシウム(骨の主要成分のひとつ)を吸収するのを助けることによって、強い骨を維持します。ビタミンDの摂取が少なすぎる人は、骨が軟化し、細くなり、脆くなる病気を発症するおそれがあります。この病気は、小児の場合は「くる病」、成人の場合は「骨軟化症」と呼ばれています。

ビタミンDは、その他多くの意味において身体にとって重要な栄養素です。たとえば、筋肉を動かすため、神経が脳と身体のあらゆる部位との間のメッセージを伝達するため、免疫系が体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退するために不可欠です。カルシウムと共にビタミンDもまた高齢者を骨粗鬆症から守ります。ビタミンDは全身の細胞内に存在しています。
ビタミンD

 

不登校でよく外にでるという方は服用する必要はありませんが、引きこもり気味の方にはおすすめのサプリメントです。

上記のようにビタミンDが不足すると骨が弱くなり歩きにくくなったり、風邪をひきやすくなる可能性もあり、そうなるとスムーズに社会復帰ができなくなるかもしれませんので、余裕がある方は太陽が出ている間に散歩をしたりしましょう。

まだ外に出る元気がないのなら、サプリメントで補うことも一つの手です。

 

また、ビタミンDは1日の摂取量が決まっているので注意しましょう。

上記のビタミンDのサプリメントだと1日一粒のようです。

トリプトファン

引きこもりがちだとどうしても昼夜逆転をして体調を崩してしまいますよね。

そんな方におすすめのサプリメントです。

トリプトファンとは、牛乳から発見された必須アミノ酸のひとつです。乳製品や大豆製品、ナッツ類などの様々な食物中のたんぱく質に含まれています。食物から摂取されたトリプトファンは、肝臓や腎臓で分解され、エネルギー源として利用されます。また、トリプトファンは脳に運ばれると、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムとともにセロトニンを生成します。このセロトニンが不足すると、睡眠障害やうつ状態、不安感などが引き起こされます。脳内のトリプトファン濃度が高まるとセロトニンが増えるとされ、催眠剤や鎮痛剤としての効能が期待されています。アメリカでは栄養補助商品として販売され、不眠の解消や精神安定効果を期待する人々に利用されています。
トリプトファン

 

私も1日12時間も引きこもってゲームをしている時があり、毎日のように睡眠する時間がバラバラでした。

このように昼夜逆転をしまくると、どうしても頭痛やめまいが起きて気分が悪くなります。

その体調不良の根本である昼夜逆転を治すために、トリプトファンを飲んでいました。

 

また、未来のことを考えて不安になって眠れなくなった時にもおすすめです。

 

このトリプトファンにも摂取量が決まっています。

上記の商品だと、1日一粒です。




まとめ

サプリメントの力を借りて、元気になろう

以上が、私が不登校時代に服用していたサプリメントです。

どのサプリメントも体を楽にして、気分を前向きに変えてくれたのでおすすめです。

 

また、服用してみて体に合わなかったり、飲みすぎて副作用が起こったりなど、体に不調を感じた時は必ず服用をやめましょう。

タイトルとURLをコピーしました