ITパスポートの難易度や合格率は?僕はこの参考書を使って独学で一発合格!

資格

こんにちは、不凍港です。

自由をつかむために日々勉強中です。

 

ITパスポートは、「ITに関する基礎的な知識」を証明するための国家資格です。

 

僕は2019年3月に受験し、合格しました。

2週間しっかりと勉強すると合格できたので、今回はその勉強法を紹介したいと思います。




僕が受験した経緯

当時、運転免許以外に資格を何一つと持っていなかったので、比較的取りやすいITパスポートを受験しました。

当時のITの知識は、wordで大学のレポートを書くくらいで、ほぼゼロでした。

ITパスポート

ITパスポートの概要

受験資格なし

ITパスポートは受験資格がなく、どなたでも受験することができます。

僕が受験した時も、若い人からお年寄りまで年齢層は幅広く、女性の方も多かったです。

国家資格

ITパスポートは、「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家資格です。

難易度と合格率

合格率は50%程度です。

2人に1人落ちると考えると難しいように感じますが、しっかりと準備をすれば合格できる資格です。

試験内容

試験時間:120分

出題数:100問

出題形式:四肢択一式

 

出題分野

ストラテジ系(経営全般):35問程度

マネジメント系(IT管理):20問程度

テクノロジ系(IT技術):45問程度

合格基準:総合評価点 600点以上/1000点(総合評価の満点)

 

分野別評価点

ストラテジ系:300点以上/1000点(分野別評価の満点)

マネジメント系:300点以上/1000点(分野別評価の満点)

テクノロジ系:300点以上/1000点(分野別評価の満点)

 

試験方式:CBT方式

※CBT方式とは、コンピュータを使って、検定を受験するシステムです。

詳細

詳細は情報処理推進機構で確認してください。

ITパスポートの勉強法

参考書はこの一冊でOKです。

 

図解が豊富なので、初めてITを学ぶ方でもわかりやすい構成になっています。

さらにCD-ROMの過去問がかなり優秀です。(18回分・計1800題)

CBT形式なので、本番そのままの形式で勉強することができます。

 

勉強法として、まずはパラパラ読みでいいので、参考書を一周しましょう。

次に、CRーROMで過去問をひたすら勉強しましょう。

わからない問題が出てきたら、参考書に戻って再確認して、少しづつわからない問題を減らしていきましょう。

 

また、ITパスポート過去問道場様で過去問1300問を勉強できます。

移動時間や隙間時間で勉強するのにもってこいのサイト様です。

まとめ

ITパスポートは取りやすい資格なので、とりあえず資格を取ってみたい方におすすめできる資格です。

また、ITパスポートで学んだ知識は、非IT企業でも役に立つので、挑戦してみることをおすすめします。

 

Twitterの方もやっていますので、よければフォローをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました