不登校、引きこもりの方におすすめのアルバイトは?元不登校が解説

不登校

こんにちは、不凍港です。

自由をつかむために日々勉強中です。

 

僕は中学2年の終わりから不登校になり、3ヶ月で高校に行かなくなるという引きこもりのベテランでした。

高認取得後、20歳(一浪)で大学に入学しましたが、怖さからバイトはしませんでした。

大学一年生の冬頃に金持ち父さん貧乏父さんという本に出会い、そこからお金を増やすということに興味を持ち始めました。

そしてちょうど2018年からつみたてNISAという非課税制度の資産運用がスタートしたので、それに合わせてバイトを始めました。




おすすめのバイト

おすすめのバイトはスーパーの品出しです

おすすめする理由

・接客がほぼない
・業務内容が簡単
・職場の人間関係があまりない

 

僕も初めてのバイトはスーパーの品出しでした。

上記の通り、飲食やコンビニのバイトと比べてかなり楽な仕事です。

 

まず、接客がほぼありません。

レジと比べるとお客さんと接することはかなり少ないです。

接客があるとしたら、商品の場所を聞かれた時くらいですね。

初めは商品の場所がわからないことは当たり前なので、一緒に働いてる人に聞いてオッケーです。

 

次に、業務内容が簡単なことです。

「商品の位置をすべて覚えるなんて無理!」と思われるかもしれませんが、何回も同じ作業を繰り返すので結構覚えることが簡単です。

バイトの回数を重ねる内に勝手に商品の場所を覚えてくるので、覚えてしまったらかなり楽なバイトになります。

 

また、職場内での人間関係もあまりありません。

飲食ならコミュニケーションすることが大切ですが、品出しは一人で黙々と作業をするのでコミュ力は全く必要ないです。

なので、変に気を遣いたくない方にはかなりおすすめです。

面接で気をつけること

「面接が怖い、勇気が必要」と思われる方も多いと思いますが(僕もそうでした)、面接では、単純に面接官と「会話」をするだけで十分受かります。

現在は人手不足なので、店は猫の手も借りたい状態です。

なので、変なテクニックは全く必要ありません。

 

一つだけ気をつけることは身だしなみです。

寝癖、髭や服装には気をつけましょう。

もし働いてみて自分に合わなかったら

もし働いてみて合わなかったらすぐに辞めてオッケーです。

その後は、他のバイトを探してみるのもいいですし、自分磨きの時間に使うなど、様々な選択肢があります。

バイトを辞めることは甘えでは全くありません。

自分に合わないバイトを続けるくらいなら、自分の時間を大切にしましょう。

アルバイトをしない方がいい人

もし、大学進学を目指しながらアルバイトをしようと思っている方は、あまりおすすめしません。

バイトする時間を受験勉強に使う方が、バイトすることと比べて将来のリターンがかなり大きいです。

 

受験料や予備校代を充てるためにバイトすることは良いことだと思います。

ただし、バイトをし過ぎて勉強に手が付かないということにならないように、最低限のシフトにしておきましょう。




まとめ

働いてみて、合わなかったらすぐに辞めてもオッケー

 

「バイトをやってみたいが一歩踏み出せない」という方はとりあえずやってみることをおすすめします。

やってみて楽しかったら続ける、楽しくなかったらやめるという軽い気持ちでも全然いいと思います。

 

おすすめの求人サイトはマッハバイトです。

バイトが決まると最大1万円が貰えるので、応募する際はマッハバイトを通して応募することがお得です。



 

Twitterの方もやっていますので、よければフォローをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました